性感染症には、よく知られている性感染症と、あまり知られていない性感染症があります。
よく知られている感染症としては、性器クラミジア感染症があります。
昔の日本の性病といえば、淋病と梅毒が有名でしたが、現在では、性器クラミジア感染症と性器ヘルペスの患者が非常に多くなっています。
性器クラミジア感染症は、病原体であるクラミジアが生殖器などの粘膜に感染して発症します。
中には、目に感染する人もいます。
性器クラミジア感染症は、女性の患者が多く、感染しやすいのに自覚症状がほとんどないことが多いです。
そのため、症状が悪化して臓器に感染が広がり、強い痛みで救急車で運ばれ性感染症であることが判明することもあります。
女性が、性器クラミジア感染症にかかると、男性よりも体のダメージが大きいです。
ですから、性交渉の時には、相手にコンドームを着用してもらうなどして、安全なセックスを徹底する必要があります。
性器クラミジア感染症の治療には、ジスロマックを使うことが多いです。
ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質で、クラミジアによく効きます。
性器クラミジア感染症にかかっている人は、ちつトリコモナス感染症にもかかっていることが多いです。
ちつトリコモナス感染症は、寄生生物が原因の感染症です。
女性の場合は、膣に感染して膣炎を起こし、男性の場合は、尿道炎を起こします。
ちつトリコモナス感染症にかかった女性が妊娠している場合、早産の危険もあります。
ジスロマックは、ちつトリコモナス感染症にも効きますが、蕁麻疹などの副作用が出る場合があります。
患者本人が蕁麻疹が出るアレルギー体質であったり、家族の中に蕁麻疹が出やすい人がいる場合は、注意が必要です。
必ず医師に相談してから、治療方法を決めるようにします。