日本で最も多い性感染症はクラミジアです。世界にも流行している性感染症の一つですが、日本だけで感染者は100万人を超えています。主に10代や20代の若い世代での感染率が高く、ある研究では高校生の10人に1人はクラミジアに感染しています。多くの人が感染するのは、クラミジアという病気が症状が現れないことも多い感染症であるためです。よって複数のパートナーと性行為を繰り返すうちに感染が拡大します。クラミジアを放置しているとエイズや淋病といった他の性感染症にもかかりやすくなります。エイズは日本でも増加傾向にあるので、クラミジアの早期発見と早期治療が重要です。クラミジアの主な症状は女性ではおりものが増える程度の軽いものです、子宮の入口にある子宮頚管に感染するので、放置すると卵管炎を起こして子宮外妊娠や不妊症になりやすくなります。男性では排尿時に軽い痛みを感じ、不快感などが挙げられます。症状が重いと精巣上体炎を引き起こして強い痛みを感じますが、ほとんどの場合が女性と同じで自覚しにくいです。しかし男性もクラミジアを放置すると前立腺炎や血精液症になる恐れがあります。さらに男女でオーラルセックスをすると咽喉にクラミジアが感染します。クラミジアは基本的にジスロマックを服用して治療します。ジスロマックは1回飲むだけで1週間効果が続くので、飲み忘れがありません。しかし初めてクラミジアに感染した人は、再発する可能性が高いです。ジスロマックは医師に治療経過を見せながら服用するべきなので、自己判断は禁物です。個人輸入を通してジスロマックは購入できますが、再発してクラミジアを知っている人も、耐性菌を作らないために医師の判断に従います。